過剰な皮脂分泌による大人ニキビ

皮脂の過剰分泌は思春期ニキビだけの問題というのは大間違い!
大人ニキビも、皮脂が過剰分泌されることで起こることもあるんですよ。
とくに大人になってもオイリー肌の人は、皮脂分泌が主な原因と考えられます。
あぶら取り紙が必要なほど肌がベタついている人は、その皮脂が毛穴に詰まってニキビができます。

 

また、大人には大人の皮脂を過剰分泌させてしまう要因があります。
たとえば、生理前にニキビができやすい人も皮脂が原因のひとつです。

 

生理前になると、女性ホルモンが乱れます。
女性ホルモンには「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」という種類があります。
黄体ホルモン(別名:プロゲステロン)が増加することによってホルモンバランスが乱れます。そして、この黄体ホルモンには皮脂分泌を増やす男性ホルモンと似た働きがあるため、過剰に皮脂が分泌されてニキビができやすくなってしまいます。

 

ストレスも影響します。
過度なストレスは男性ホルモンを活発にさせてしまいます。つまり、上記と同様に男性ホルモンの皮脂分泌の過多からニキビができやすくなります。
フェイスラインや頬などにできやすいのが特徴です。

 

また、皮脂汚れを取り除くためには「洗顔」ですが、その洗顔のやり過ぎが皮脂分泌を増やすという悪循環になることもあります。
汚れを落とそうと思うあまり過度に洗顔してしまうと顔が必要以上に乾き、本能的に皮脂が分泌されて悪循環になってしまいます。必要な皮脂を残して、余計な皮脂を取り除くことがポイントです。
皮脂が多いからといって洗顔してクリームなどを使わないのは皮脂を増やす原因になるので、洗顔後は丁寧に化粧水などで潤いを与えるようにしましょう。

 

他にも、食生活が皮脂分泌を促します。辛い食べ物や脂っこい食べ物を食べ続けているうちに、皮脂も増えてしまうので注意してください。