新陳代謝(ターンオーバー)を促進する成分

大人になり、加齢とともに肌のターンオーバーは乱れやすくなります。
生活習慣や生活環境が悪いことでも、ターンオーバーはいとも簡単に乱れてしまいます。
そうなると古い角質が蓄積して角質は肥厚し、毛穴に詰まってニキビができ、さらに悪化してしまいます。
通常はターンオーバーが28日サイクルになっているのですが、それが遅れてしまう分、肌は古い角質が残ってしまいます。
サイクルが乱れていると感じたら、ターンオーバーを促進する成分を取り入れましょう。

 

<ビタミンC、ビタミンC誘導体>
美容ビタミンの定番のビタミンCは、ターンオーバーを整える働きだけでなく、抗酸化作用や美白効果、老化予防、収れん作用などがあります。
肌を紫外線などから守り、活性酸素を除去するなどの働きがありますが、ビタミンC自体は肌に浸透しにくいため、ビタミンC誘導体の方が効果的です。
ビタミンC誘導体は肌に入り込んでからビタミンCに変わります。

 

<アミノ酪酸>
植物の根や茶葉にアミノ酪酸という成分が含まれています。
アレルギー報告があるので注意が必要ですが、反応が起きない人にとっては血行促進や皮膚細胞の活性化、細胞の修復といった働きがあります。

 

<レチノイン酸>
これはビタミンA誘導体のことです。
ターンオーバーを促進して肌の再生を効果的に促します。さらにコラーゲンの生成や保湿などに関わっています。

 

<プラセンタエキス>
プラセンタは胎盤のことで、馬や豚などの動物、植物、海洋性のプラセンタがあります。
プラセンタエキスにはアンチエイジングや保湿、ターンオーバーや血行促進、色素沈着対策といったさまざまな効果があり、美容成分で注目を集めています。

 

この他に、海水から抽出される海塩も一種の新陳代謝を促進する働きのある成分です。