思春期ニキビの原因や特徴

思春期ニキビは、そのまま「思春期」に該当する年齢で起こるニキビのことです。
10代から20代前半にかけて起こり、とくに顔のTゾーン(おでこ・鼻)にできやすいところが特徴的です。
また、顔全体に赤いニキビや炎症が起き、化膿することも多いです。
なお、ニキビ跡も残りやすいとされています。

 

思春期ニキビの原因は「皮脂の過剰分泌」です。皮脂が過剰分泌することに関しては、ホルモンの作用が関わっています。
成長期であるため、ホルモンも活発になります。
男子の場合は男性ホルモンのテストステロンやアンドロゲン、女子はエストロゲンという女性ホルモンの分泌が盛んになります。
それ以前にはホルモンの分泌も抑えられているのですが、急激に成長してホルモン分泌が活発になることでバランスが乱れ、皮脂線も活発になり、分泌量が増えてしまいます。

 

その溢れんばかりの皮脂が毛穴に詰まり、炎症が起きます。これがニキビです。
さらにニキビは「アクネ菌」といった細菌が増殖することで発生・悪化します。
このアクネ菌は皮脂をエサにして増殖してしまうため、皮脂分泌が落ち着くまで何度も何度も思春期ニキビを繰り返したり、顔全体に広まってしまうことがあります。

 

思春期ニキビの場合は成長が関係しているので、基本的に予防ケアの方法はありません。
一方で対策はできます。丁寧に洗顔して、余計な皮脂を取り除くようにケアすることでニキビを治りやすくしたり、跡を防ぐことができます。