大人ニキビの種類と違い

大人ニキビとひと言で言っても、種類があります。
「白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ」と、4つのタイプに分けられます。
以上の種類によって特徴も原因も異なります。
具体的には、これらのニキビの種類は進行型です。

 

はじめは新陳代謝の乱れなどによって、古い角質が表面に残ることで毛穴がふさがれ、皮脂が皮脂腺の中に溜まってしまいます。そして発生するのがニキビです。
そこから順に、ニキビは悪化していきます。

 

 

ステージ1<白ニキビ>
最初につく色は見た目の色をあらわしていると思ってください。
表面が白っぽくなっているのは、ステージ1の状態です。
毛穴に皮脂や化粧汚れなどが詰まることで角栓が白ニキビに変わっている状態です。
白ニキビによって毛穴がふさがれているので皮脂も排出されず、白くぷっくりと膨れていきます。この段階が一番治しやすい状態です。
ちなみに、白ニキビは「コメド」とも呼ばれます。

 

ステージ2<黒ニキビ>
白ニキビを放置すると治らず、黒ニキビへと進行します。
毛穴につまった皮脂や汚れが酸化し、黒く固まってしまうため黒ニキビと呼ばれています。
毛穴を塞いでいる角栓が古く固まることで起こります。
小鼻周りに毛穴汚れといって黒ずみができますが、これも黒ニキビの一種です。

 

ステージ3<赤ニキビ>
白ニキビ⇒黒ニキビと段階を経て、次に訪れるのが赤ニキビです。
白ニキビと赤ニキビが炎症を起こしたときに、赤ニキビが起こります。
アクネ菌といった細菌が繁殖することで赤ニキビに進行します。これらの細菌は脂を好むため、皮脂をエサに増殖していき、赤く膨らんでしまいます。
ニキビが悪化してきたなぁ、と気付くのも大体、赤ニキビになってからです。
見た目でもとくに目立ちますし、ときに痛みを感じることもあります。
そのうち皮膚細胞が破壊されてニキビ跡が残ることもあります。ここで潰すと、赤ニキビの名残りのように肌は傷ついてしまいます。

 

ステージ4<黄ニキビ>
大人ニキビの最終段階です。赤ニキビも放置したときに、黄ニキビへと変貌を遂げます。
濃が放出されて大きくはれ上がります。もうすでに深刻化していて、アクネ菌の炎症が真皮層に到達していることが多く、ニキビ跡が残るだけにとどまらず、肌のクレーターの原因にもなります。

 

大人ニキビは進行するごとに重症化し、治りづらくなってしまいます。
なるべく悪化する前に対策を始めてください。先手必勝です。