大人ニキビの原因

10代の頃に、ニキビに悩んだ経験があると思いますが、その時期のニキビを「思春期ニキビ」と言います。
成長ホルモンが活発であるため皮脂分泌も活発になり、その皮脂が毛穴に詰まることでニキビが発生します。
要するに、思春期ニキビの主な原因は「皮脂の過多」です。

 

大人になってもオイリー肌で皮脂が原因でニキビになることもありますが、基本的に思春期ニキビとは違います。大人ニキビの方がハッキリ言って深刻です。。

 

大人ニキビが発生する一般的なメカニズムは次のような流れになっています。
@ターンオーバーの乱れ⇒A肌力が落ちる⇒B角質肥厚が起こる⇒C毛穴が詰まる⇒Dアクネ菌が増殖⇒Eニキビが発生する⇒@に戻る
このように、ターンオーバーの乱れからくるのが一般的です。そして厄介なことにニキビが発生したあともターンオーバーが乱れて悪循環に。

 

ターンオーバーが乱れる原因はいくつかありますが、また大人ニキビの原因は他にもあります。
・ホルモンバランスの乱れ
・過度な洗顔による皮脂の過剰分泌
・クレンジング不足によるメイク汚れの蓄積
・紫外線の影響
・スキンケアが間違っている
・保湿不足による乾燥
・ストレスや便秘からくる代謝の低下
・睡眠不足
・食生活の乱れ
などなど。

 

大人ニキビの場合は単純に皮脂が過剰分泌されるだけが原因ではなく、生活習慣や今の生活環境が肌に影響し、ニキビ発生につながってしまいます。
まずは自分の原因を知り、その原因要素を取り除くことが大切!