余計な角質を除去する成分

ターンオーバーが乱れて角質が溜まっていると、それが毛穴に詰まって大人ニキビができたり、悪化してしまいます。
ニキビを防いでキレイな肌を保つためには、まずその古い角質を取り除く必要があります。
ターンオーバーが乱れ気味の方は古い角質を取り除く成分を摂りましょう。

 

<パパイン>
パパインの成分は角質のタンパク質を分解する働きがあり、古い角質を除去します。
洗浄剤や毛穴パックにも使われていて、効果的に角質を除去したり角栓を除去する作用があります。さらに肌をなめらかにすることができます。

 

<イオウ>
イオウは水やアルコールにほとんど溶けることがない性質があり、傷んだ古い角質を除去し、殺菌作用もあります。

 

<サリチル酸>
合成した有機化合物のことで菌の増殖を防いだり、角質を除去して肌を柔軟にする効果があります。

 

<グリコール酸>
サトウキビやブドウなどに含まれる有機酸のことでケミカルピーリングなどにも用いられます。
刺激が強いので濃度を調整する必要がありますが、角質を取り除く働きには優れています。
また、柔軟や肌を整える効果があります。

 

<乳酸>
有機酸の一種でデンプンなどで合成・製造されます。
乳酸の配合量で効果に違いがありますが、少量でも角質を除去したり柔軟高価、保湿効果、収れん作用、抗菌作用といったニキビ対策ケア効果があります。
高濃度配合の場合は角質を剥離剤やピーリングにも使われています。