乾燥や角質肥厚による大人ニキビ

大人になると脂性肌の人、潤いがあった人も、徐々に乾燥しやすくなっていきます。
乾燥肌になると、肌がごわついてしまいます。このような状態も、大人ニキビを発生させます。
また、不規則な生活や睡眠不足、スキンケア不足、小鼻の黒ずみが目立つ人も、乾燥や角質肥厚から大人ニキビが発生してしまいます。

 

どちらにしても、肌の水分不足が大人ニキビの原因になります。
乾燥肌でニキビを繰り返しているときは角質にもんだいがありますが、肌が水分不足状態が続くことでターンオーバーも乱れ古い角質が溜まっていきます。

 

水分不足になると、毛穴の汚れや角質が蓄積していき、さらにターンオーバーも乱れます。
その結果、大人ニキビが発生してしまいます。乾燥がターンオーバーを誘発してニキビ発生になってしまいます。

 

そのうち毛穴に詰まった角質は硬く分厚くなり、弾力が失われて毛穴も大きく広がってしまいます。
そのままの状態ではアクネ菌もどんどん増殖してしまうという悪循環を送ってしまうため、乾燥や角質肥厚が招くニキビは治りにくいとされています。